cuteとの毎日…時々旅日記…時々リンとの思い出


by camping_retriever

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記
おでかけ
北海道
GW
リン
cute
未分類

最新の記事

お久しぶりです
at 2017-03-08 17:56
woofへ♪
at 2016-04-02 14:47
近場でまったり
at 2016-03-30 14:39

以前の記事

2017年 03月
2016年 04月
2016年 03月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

わかってるよ。

ワタシはリンのことは何でもわかっているつもりでした。
でもリンの方がワタシのことをわかっていてくれていたんだと思います。

若い頃からずっと痩せていたリン。
かかりつけの獣医さんもとても気に掛けてくれていました。
食事を1日3回にしてもぜんぜん体重は増えなくて…
でもよく食べるし元気いっぱいだし病気もなかったので
太れない体質なんだってことで落ち着きました。
ただ心配だったのは大きな病気にかかったとき体力が持たないのではということ。
体重がかなり落ちてしまうのではないかということ。
シニアになってからは下痢をすることも滅多になかったけれど
そうなったときにはあっという間に1kg以上減ってしまいます。
今回、突然病気になって入院して赤ちゃんの頃のような体重になってしまうかもと心配でしたが
退院後のリンはびっくりするくらいよく食べて体重は元気なときとそう変わりませんでした。
ワタシが悲しまないようにしてくれたんだなと思います。

3月になって少し食欲が落ちたときに缶詰やササミも食べられなくなったら
なんでも好きなものをあげようと考えていました。
散歩のときに露店でベビーカステラを買ってきたお友だちにリンはこっそり食べさせてもらい
ものすごく喜んで食べていたのでカステラやシュークリームを買ってあげよう!
そんなふうに思っていたのに食べさせてあげることができませんでした。。。
明日病院の帰りに買おうね~と話していたのにその日にお空へ行っちゃった。
食欲があってもおいしいものをあげればよかったのに
ドライフードや缶詰を喜んで食べているうちはその方がいいかなと思っちゃった^^;
リンもワタシも真面目ってことかもしれません(笑)

痛そうな顔や苦しそうな素振りもまったく見せなかったリン。
心臓を動かすために頑張って、呼吸するだけでも必死だったと思う。
どれだけ厳しくツライ状態だったか。
でもワタシがいちばん恐れていたことをリンはちゃんと見抜いていた。
伊豆からの帰り道、痛くて苦しくてのた打ち回って助けを求めていたのに助けてあげられなかった。
もしも、もしもまたあんな状況になったらどうしよう?
二度と起こって欲しくないそのときのために準備だけは整えていました。
そして冷静に動けるようにいつも頭の中で痛がるリンをどうやって車に乗せるか
どこへどういう順番で連絡するかなどを繰り返していました。
毎日祈っていたワタシの気持ちはリンにしっかり知られてしまいました。

夜中に目を覚ますとリンがワタシをじーっと見ていたことがあります。
具合が悪そうでも寝付けない感じでもなく普通の顔でぱっちりと目を開けて
ただワタシの顔を見ていました。
「寝よう」「目を瞑って」そう言うと眠ってくれたけど同じようなことが確か3回ほどあったと思います。
自分がリンを守っているつもりだったけどリンだってワタシのことを見守っていてくれてるんだって気付きました。
思い出すとなんともいえない気持ちになって涙が出ちゃいます。

c0172184_17540599.jpg

カートでのお散歩が大好きだったリン。

c0172184_17551841.jpg

いっつもこんなふうにニコニコでした。


お母さん、楽しいねっ!て家から出てしばらくはワタシの顔ばかり見ていました。
毎日毎日そんなだったからあまりにも可愛くて見られてるのが恥ずかしいような気もしちゃって
お母さんじゃなくてもっとお外を見たら、、、とよく言いました^^;


本当に可愛過ぎました♪
親バカだけど病気のコのお顔には見えないな~と思っていました。



by camping_retriever | 2014-06-16 18:01 | リン